愛車が古くなったり、新しい車に乗り換えしたいと思った時にやってくる、車査定。

新車購入だったり、もう車は乗らないと決めたときだったり車査定のきっかけは色々あるかと思います。

車査定は通常ですと車買取業者へ依頼をし、査定をしてもらい、その価格でよいかどうかを判断します。
 車査定は実際の車を査定士が目で見て状況をチェックして、その車の価値を査定するのです。
そしてどうしてそうした面倒な作業が必要になってくるのでしょう。

査定の対象が新車ではなくて、中古車であるので、査定士の目視が必要となります。

そして基本的には新車は傷一つない新品の状況の車であり、メーカー希望小売価格もあり、わざわざ目で見て査定をする必要性はないのです。

そして、そもそも新車を売っているのは新車販売店に限られていますから、新車を査定士が査定するといった奇妙な光景は普通はないでしょう。

そして、中古車は誰かが使用した履歴のある車であり、同じ条件の車種であっても使用状況の違いによって査定価格に差が発生するのです。

これを中古車を扱う業界では、中古車の程度と呼びます。

そしてこの程度の判断は傷はもちろんですが、事故歴や修復歴や消耗部品やオプションパーツの外装や内装の汚れやにおいなど多岐にわたり、車種や年式やグレードや走行距離など数値化や文字化できるようなデータだけだと、程度まで含め査定をすることができません。

そして、車査定を無記名で受ける方法ですが、結論から言うと無記名で調べることができるサイトはあるのですが、トヨタなどが公開している下取り参考価格シュミレーションなら、無記名で調べられます。

参考サイト:車査定マニュアル

他の気になるサイト
・ちょっとお肉が気になるお腹には人気のキャビテーション施術を受けたい。
・英語がペラペラしゃべれるようになるには、オンライン英会話 パロッツ君で。